2016年08月01日

あせも・・・!

おはようございます。

東の空に薄っぺらい月と朝焼けの綺麗な田川の朝です。

施術所の温度計は28.4℃湿度60%を示しています。

いよいよ今日から8月に入りました。

お盆の準備・オリンピック・高校野球etcと忙しい日々が続きそうですが

皆さんは「あせも」が出来た事がありますか?

私は毎日・朝の掃除で汗を掻いて最近は首の回りが何だか痒い様です!

あせ.JPG

猛暑で増加!? 大人のあせも・汗によるかぶれ

今年の夏も大変な猛暑となりました。
大量に汗をかく日が続く中、いつの間にかあせも(汗疹)が出来たという人も多いのではないでしょうか。
「夏にあせもはつきもの」と捉えがちですが、適切な治療を行わないままでいると症状が悪化し、肌に痕が残る恐れもあります。
今回は、大人のあせもの注意点や、対処法を解説します。
大人のあせもが増加?

新聞やTVでは、連日のように熱中症予防を呼びかけていますが、猛暑による健康被害は熱中症だけとは限りません。

日本の夏は、高温多湿。
じっとしていてもジワジワと汗をかきます。
さらに、近所への買い物や通勤などで、数分歩くだけで汗だくになります。
少し前なら、電車や百貨店など、「涼しい」「スッと汗がひく」と感じる場所がたくさんあったように思いますが、近頃は、環境省が推奨する28度を目安として、高めの温度設定にするところが増えているようです。

このように、汗をかきっぱなしの状況が続くと生じやすいのが、「あせも」による皮膚トラブル。大人のあせもは、高温の環境下で長時間、肉体労働をする人に出来やすいと言われていましたが、最近は猛暑や節電の影響からか、職業に関係なく悩む人が増えているようです。
あせもの原因と出来やすい部位

そもそも私たちが汗をかくのは、気温の上昇とともに体温が上昇しすぎるのを防ぐため。
つまり、発汗自体は体を守る、重要なはたらきと言えます。
ただ、汗をかきっぱなしにしてしまうと、汗が汗管に詰まって排出されないまま表皮内に留まり、炎症を起こしてしまいます。
これが、あせもなのです。

あせもにはいくつか種類がありますが、一般的にみられるのは、汗がたまったところに赤いブツブツが出来て、かゆみを伴うタイプ。専門用語で、紅色汗疹(こうしょくかんしん)と言います。

■あせもの出来やすい部位
首回り (とくに男性の場合、シャツの襟が密着するため)
脇や胸の下 (とくに女性の場合、下着が密着するため)
お腹まわり (ベルトや下着で締めつけられるため)
ひじの内側
足のつけ根etc.




あせもが出来ても、「夏だけガマンすれば済む」と軽く捉える人もいるでしょう。しかし、大人は子どもに比べて傷痕が残りやすいため、かき壊して重症化すると、色素沈着などの痕を残す恐れもあります。たかがあせもと侮らず、症状の軽いうちに、しっかりと治療を行うことが大切です。
あせもの出来た時の対策はHPに書かせていただきますのでコチラもご覧ください!

さあ!今日は八月一番の笑顔で

今日も一日顔晴ります!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
☆からだ回復センター 田川
☆代表 大久保 礼賢
☆〒822-1401
☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地
☆0947-32-2325
☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com
☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:44| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする