2016年12月21日

風習・・・!

おはようございます。

薄らと霧が掛かっていて空の星は一つも見えていない田川の朝です。

施術所の温度計は14.3℃湿度65%を示しています。

何だかこの時期にしては暖かい朝になっています。

12月21日 本日は「冬至」です。

とうじ.JPG

冬至の風習についてチョト豆知識

冬至にかぼちゃを食べるようになった由来は?

≪冬至にかぼちゃを食べると、風邪をひかない≫と言われています。

かぼちゃは、緑黄色野菜の王様と言われるほど、
ビタミンAやカロテンなどの栄養がたっぷりです!

かぼちゃの旬は夏ですが、包丁をいれなければ、冬まで保存ができます。

昔は、野菜の種類が少なくなる冬に、体調を崩す人が多かったことから、
冬にきちんと栄養が摂れる「かぼちゃ」が選ばれたと言われてます。。

冬至にかぼちゃを食べて、寒い冬を元気に乗り越えよう!
という、先人の知恵だったのですね。

冬至にゆず湯に入る理由は?

では次は、ゆず湯について。

冬至には、
【冬至 (とうじ)】

【湯治 (とうじ):湯につかって、病を治す】

という言葉遊びにかけて、ゆっくり湯につかる習慣があります。


ゆずの実を浮かべるようになったのは、なんと江戸時代
シャレ好きの江戸の町人たちが、「融通 (ゆうずう) が効くように」と言って、
始めたのがきっかけだと言われてます。

シャレから始まった風習ながら、生のゆずの実には、ビタミンCがたっぷりで、
風邪予防や美肌、保湿などの嬉しい効果が期待できるんです。

空気が乾燥しやすく、また体調を崩しやすい季節なので、
ゆずを利用することは、理に適っていますよね!

今年も残すところ10日となりました。

カボチャを食べて柚子湯に入って健康で過ごしましょう!

今日も笑顔で顔晴ります!

肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!

・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
☆からだ回復センター 田川
☆代表 大久保 礼賢
☆〒822-1401
☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地
☆0947-32-2325
☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com
☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:41| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする