2019年01月24日

免疫力を・・・!

おはようございます。



外が明るいと思ったら少し欠けかけた月が頭の上から



明々と光を射している今朝の田川です。



施術所の温度計は9.7℃湿度44%を示しています。



いんふる.png



この時期をピークに猛威を奮うインフルエンザですが

私の周りにもチョコチョコ出ているみたいです。



昨日読んだ本にこんなことが書いてました。



学級閉鎖を引き起こすほど感染力が高いですが、その一方でかからない人もいます。

その差はなんでしょうか。



インフルエンザは、なぜ毎年流行するのか?!

インフルエンザ・ウイルスの表面には、二種類の突起したたんぱく質があります。

流行するのは、この抗原性※がどんどん変異するからです。

『インフルエンザウイルスの一年は、人類の百万年に相当する』と言われるほど、

変異のスピードが早い為、毎年新しいウイルスとなり流行するのです。



インフルエンザ薬やワクチンは有効か?

ウイルスは細菌と違い、人間や動物などの細胞の中でしか生きる事が出来ない為、

細胞内で増殖&変異を繰り返しています。

インフルエンザ薬の薬効は、『その増殖を抑える事』のみで、

ウイルスを殺すものではありません。

また、ワクチンに関しても、完全に予防する事は不可能です。

なぜなら、インフルエンザウイルスは、たった数時間で増殖&変異を繰り返す為、

作られたワクチンを打つ頃には、『すでに変異している可能性』があるからです。

いずれも、強い副作用の影響で体に負担がかかり、免疫力が低下し、

むしろインフルエンザにかかりやすくなるのです。



ワクチンや治療薬より有能な『免疫システム』!

インフルエンザにかかる人とかからない人の差は、自身の体に備わっている『免疫力の差』です。

4変異を繰り返すインフルエンザウイルスに対しても、抗体を作り、撃退できる仕組みが

『免疫システム』です。

その材料は栄養です。

例えば、必須栄養素のひとつ『ビタミンC』が不足すると免疫力が低下し、

風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

必須栄養素(必須アミノ酸&必須ビタミン&必須ミネラル)をひとつも欠けることなく

バランスよく摂取することで、変異を繰り返すインフルエンザウイルスに対抗する

身体作りが出来るのです。



しっかりと免疫力を高めて



今日も笑顔で顏晴ります!



肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!


・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆からだ回復センター 田川

☆代表 大久保 礼賢

☆〒822-1401

☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地

☆0947-32-2325

☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com

☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/

☆水素風呂は>>http://system.litaheart.com/v15022

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○



posted by hiro at 05:35| 福岡 ☁| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする