2019年01月28日

体調を崩しにくく・・・!

おはようございます。



白い雲が西から東へと流れている中に半分になった月が



見え隠れしている少し冷えた朝を迎えている田川です。



施術所の温度計は4.3℃湿度49%を示しています。



この冬初の積雪でしたが皆さん体調壊されてませんか?



暖冬と言われ続けたこの冬でしたが寄与遊撃な寒さで・・・・



そんな方におススメが



たいちょう.JPG



「これだけ気をつけていれば、体調を崩しにくくなるポイント二点」

それは、とても当たり前のことですが、以下の二点です。



十分な睡眠をとること

とにかく体を冷やさないこと(特に明け方)



眠れない日が続く+体を冷やしてしまうといった時に体調を崩してしまうことです。

ということは、上記の二点さえ気をつけていれば体調を崩しにくくなるということです。



当たり前のことなんですが、睡眠が乱れると免疫力が低下します。

それは、日本睡眠医学協会にも書かれています。



睡眠不足や睡眠の乱れによる身体の影響
まず睡眠の乱れによって、免疫機能は低下することが分かっています。

それは、免疫細胞の活動が促進されるのが、睡眠時だからです。

例えば、B細胞は睡眠時に抗体を作るとされています。

よって、免疫力を強化するためには、質の高い睡眠が大切なのです。

ここでいう質とは、長さではなく、深い眠りであるかどうかということです。

普段から、十分な睡眠をとれていれば良いのですが、体調やストレスなどから

不眠になってしまうこともあります。

実際に僕も、長年不眠に悩んでいたのですが以下の方法で不眠を解消することができました。

これらの方法が、全ての人に有効なわけではありません。

けれど不眠の場合は、まず不眠の原因となるものを自分の生活の中から見つけ出し、

その原因の解消方法をネットや本などで探して自分に合ったものを見つけると良いと思います。



とにかく体を冷やさないこと(特に明け方)

体温の低下からも、免疫力が低下します。



体温が1度下がると免疫力は30%低くなる

低体温がなぜよくないとされるのでしょうか。

体温が上がると血液の流れがよくなり免疫力が高まります。
血液は私たちの体を構成する約60兆個もの細胞に栄養と酸素を送り届け、

かわりに老廃物を持ち帰る働きをしています。

その血液の中に、免疫機能を持った白血球が存在し、その白血球が体の中をめぐることで、

体の中の異物をパトロールしているのです。

つまり体温が下がると血流が悪くなり、免疫力も低下し、体内に異物を発見しても、

素早く駆除してくれる白血球を集めにくくなり、ウイルスや細菌に負けて

発病しやすくなってしまいます。

睡眠も重要ですが、僕はどちらかというと、こちらの方を重視しています。

というのも、睡眠・不眠はコントロールできない部分もありますが、

体温管理はある程度コントロール出来るからです。

体を長時間冷やした後に体調不良になることが多いです。

特に、明け方の体温低下には気をつけないといけません。

眠っていると、自分の体温が低下していることに気づかないからです。



雪解けの寒い一日になりそうですが



笑顔だけは暖かく



今日も一日顔晴ります!



肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!


・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆からだ回復センター 田川

☆代表 大久保 礼賢

☆〒822-1401

☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地

☆0947-32-2325

☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com

☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/

☆水素風呂は>>http://system.litaheart.com/v15022

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:51| 福岡 ☀| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする