2015年09月07日

認知症・・・!

おはようございます。

雨上がりになりました今朝の空ですが分厚い低い雲の隙間から頭の上に下弦の月が見え隠れしていて足元では秋虫たちの鳴き声が聞こえてきている田川です。

施術所の温度計は22.7℃湿度71%と短パンTシャツでは肌寒い様です!
しなぷ.JPG

最近TV等で良くやっている「認知症」ですが

良く考えると私自身中学生の頃からこの「認知症」に悩まされています。

私自身が・・・(笑)

家族に「認知症」の症状を持つと周りの家族は大変です。

中学1年生で祖父が・・・

28歳で母が・・・

そして今は妻の母が・・・

案外本人事態は楽かもしれませんが周囲の家族が365日24時間振り回されています。

特に一番側にいる人が・・・

その為、「認知症」に対して何が出来るのか?

認知症にならない為には・・・・

をここ数年間学んでいます。

そして何となく分かってきました。

私は医者ではないので難しいことは書けませんが側近の実体験者として・・・

脳の健康維持にとって重要な課題の一つは、
脳内で発生している活性酸素の消却です。

脳に重大な損傷を与える活性酸素の消却には、
「抗酸化物質」の積極的な摂取が重要です。

活性酸素は、脳の神経細胞膜を損傷させます。
損傷を受けた神経細胞の受容体は、
情報伝達物質を受け取ることができなくなります。

すなわち、神経細胞間にある情報伝達回路であるシナプスが弱まり、
やがて消滅することになります。
シナプス回路が消滅すると、双方の神経細胞も死滅します。

死滅すると「短期記憶」を司る海馬の神経細胞のネットワークに
蓄えられていた記憶が失われます。
朝食を食べたのに「朝ごはん、まだ食べていない」となります。

大脳新皮質の神経細胞のネットワークに蓄えられていた
過去の「長期記憶」も失われます。

脳の萎縮によるアルツハイマー病の原因因子は、
βアミロイドとの説かあります。

この小型の蛋白質は、活性酸素によって生成されます。
脳内の活性酸素の消却に必要な抗酸化物質が不足しているからです。
すなわち、脳への栄養素の供給不足が認知症の主因になっているのです。

このように活性酸素は、
脳の神経細胞、膜、細胞成分を酸化させます。

したがって、
それらを酸化させる前に日常的に抗酸化物質を摂取していると、
抗酸化物質は活性酸素と化学反応を起こし、
抗酸化物質が脳の成分の身代わりとなり酸化します。
この化学反応によって脳内の活性酸素を消去されるのです。

この抗酸化物質の摂取のやり方については後程・・・・

さあ!今日も笑顔で顏晴ります!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
☆からだ回復センター 田川
☆代表 大久保 礼賢
☆〒822-1401
☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地
☆0947-32-2325
☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com
☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 08:45| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425476595

この記事へのトラックバック