2015年09月16日

秋の体調の乱れは・・・!

おはようございます。

明け方から少しずつ降り始めた雨ですが今は激しく音を立てて降り始めました。

施術所の温度計は22.7℃湿度60%と雨のお蔭でしょうか?昨日よりも3℃ほど高くなっていて短パンTシャツでも大丈夫みたいです!

ただ「秋雨の時は体調がすぐれない」と言われる方がいらっしゃいます。
そして秋の体調不良の原因は自律神経失調症に・・・・

じりつ.JPG

人間の体は、実は自律神経でコントロールされているって知っていましたか。
私たちが意識しなくても自然に汗をかいたり、内臓をうまく動かしてくれているのは自律神経がうまく働いている証拠なんです。
自律神経は、交感神経と副交感神経からなっていて、交感神経は熱を産生したり、汗をかいたり、血管を収縮することに関わっています。
副交感神経はリラックスしている時や食事をしている時などに働いています。
自律神経失調症は、この2つの神経のバランスが崩れてしまい、めまい、ふらつき、頭痛、微熱、倦怠感、不眠などのいろいろな症状が出てしまいます。
しかも、イライラや気分の落ち込みなど精神的な症状まで起きることがあるので要注意です。

この自律神経失調症になりやすいのが、実は秋なんです!
秋は、暑い夏から急に涼しくなったり、1日の中でも日中と夜の気温差が大きいので体が追いつかなくて自律神経が体温を上げていいのか下げていいのかわからなくなってしまうんです。
5度以上の気温差があると、このように自律神経のバランスが崩れやすいと言われているので、1枚はおれるような洋服を持って調整するようにすると少し良いかもしれませんね。
それから秋は、気圧の変化も大きいんです。
気圧の変化が大きい秋には、頭痛が起きやすいのは実は医学的にはよく知られています。

自律神経失調症に対する対策は・・・
それは睡眠、運動、入浴、規則正しい生活です。
忙しくて十分に体を休めていないと体の緊張がとれず、交感神経ばかりが働いてしまいます。
毎日は難しいかもしれませんが、意識してゆっくり睡眠を取ってみてくださいね。
自律神経失調症は女性に多いって知っていましたか?
それは女性の方が男性よりも筋肉が少ないからとも言われているんです。
適度に筋肉をつけたり、運動をして代謝を上げることは、急激な温度変化の時も熱産生をして対応できるようになるので効果的です!
体の急激な体温変化、体の冷えは自律神経に良くないので、シャワーだけでなく湯船に15分以上つかって体を温めるのを習慣にしてみてください。
体の循環と自律神経のバランスが良くなりますよ。
規則正しい生活というのも現代人はなかなか難しいかもしれません。
でも夜は0時前には寝て、朝は朝ご飯をしっかり食べて太陽を浴びるのは自律神経のバランスを保つのにとっても大切なんです。
気圧の変化に対して、人間は血管を開いたり、閉じたりして調整しています。
でも気圧の急激な変化があると、体が追いつかず頭痛だけでなく、怠さやめまいなど多くの自律神経失調症の症状が出てしまうんです。

秋の体調不良の対策はやはり生活習慣の改善から・・・

雨でカラダを濡らさない様にタオルを一枚持って出かけるといいですね!

アメニモマケズ・・・

今日も笑顔で顏晴ります!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
☆からだ回復センター 田川
☆代表 大久保 礼賢
☆〒822-1401
☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地
☆0947-32-2325
☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com
☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:50| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426152650

この記事へのトラックバック