2016年07月13日

大雨・・・!

おはようございます。

昨晩から可也の雨量で降り続けているこの雨ですが夜が明けても

勢いが止まらない今朝の田川です。

施術所の温度計は26.4℃湿度76%を示しています。

今日は大雨になるような予報も出ておりますが皆さんの体調は如何でしょうか?

あめ.JPG

この時期は、梅雨前線の付近に低気圧が発生しやすく、その影響で雨の日が増えます。

私達の体は気圧によって自律神経のバランスが変化しており、
高気圧の時には交感神経のほうが優位に、低気圧の時には
副交感神経のほうが優位にはたらくようにできています。

交感神経=活発モード、副交感神経=リラックスモードといった感じで、
自律神経は2つの異なるモードをうまく切り替えながら体の調子を
保とうとはたらいているのですが、どちらかが優位に働き過ぎてしまうと
体調が乱れやすくなってしまうのです。

高気圧の時は、交感神経が優位にはたらくことで脳や筋肉のはたらきが
活発になるため、晴れの日は体調がスッキリしていると感じることが多くなります。

低気圧の時は、副交感神経が優位にはたらくことで脳や筋肉はリラックスした
状態になるのですが、同時に血圧が下がって細胞へ行き渡る酸素の量が
減少するため、自然と全身の機能も低下しがちになってしまいます。

梅雨時にだるい、やる気が出ない、動くのがおっくう…と感じることが増える人は、
副交感神経が優位にはたらき過ぎているのだと考えて良いでしょう。

また雨の日に頭痛・神経痛・関節痛が起こったり古傷が痛みだすようになったり
するのも副交感神経の影響です。副交感神経が優位にはたらくと発痛物質の
プロスタグランジンが分泌されやすくなるため、体に痛みが出るようになるようです。
梅雨時の季節病を予防するには

梅雨時はだるさに任せてだらだら過ごしていると、
自律神経のバランスが不安定になって調子が悪くなってしまいます。

規則正しい生活を心がけ、自律神経の安定を心がけましょう。

自律神経のバランスを整えるには入浴がおすすめです!

朝から気分がスッキリしない時は、熱めのシャワーを浴びると
交感神経が活性化して「活発モード」に、夕方以降はぬるめの
湯船にゆっくり浸かると副交感神経が活性化して「リラックスモード」に
切り替わり、体のリズムが整います。

また、関節痛や神経痛のある人はゆっくり湯船に浸かることで痛みが
やわらぐ効果も得られます。

1日の疲れを解きほぐし、寝苦しい梅雨も気持ち良く眠れるでしょう。

食事では甘い物、塩分や油分が多い物を食べ過ぎないようにしてください。

喉が渇いて水分の摂取量が多くなり、体がむくんだりだるくなったりしてしまいます。

雨の日は晴れの日より調子が悪い、と感じるのは、低気圧の影響だったのです。

一般には女性のほうが副交感神経が優位にはたらきやすいため、
梅雨時の体調不良が起こりやすくなっています。

自律神経を整える入浴方法で不調を吹き飛ばしましょう。

私の所に来られる方にはいつも言わせていただいてます。

「睡眠と入浴は自分で出来る最大の治療法」だと・・・

HPでは季節病の予防法についてご紹介させていただきますので
是非コチラもご覧ください!

雨の一日になりそうですがこんな時こそ太陽の様な笑顔で

今日も一日顔晴ります!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
☆からだ回復センター 田川
☆代表 大久保 礼賢
☆〒822-1401
☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地
☆0947-32-2325
☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com
☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:44| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック