2016年08月30日

秋バテ・・・!

おはようございます。

夜明前の空にぽっかり浮いた雲と薄っぺらい月が東の空に浮かんでいます。

施術所の温度計は21.8℃湿度62%を示しています。

昨日、一昨日の雨の影響でしょうか?

朝晩の気温が低くなってきて短パンTシャツ姿ではチョット寒さすら感じています。

イキナリの気温の変化にカラダがついて行けず

夏バテならぬ「秋バテ」と言う言葉もここ最近使われている様です。

ばて.JPG

夏から秋にかけての季節の変わり目には
秋バテにならない身体づくりはとても大切ですよね。
しょっちゅう体調が悪いという人は
基本的な体作りを心がけるのが良さそうです。

実は、秋バテになりやすい人は
持病がある人が多いそうです。

もちろん高齢の方、冷え性が多い女性も
夏バテの延長上で「秋バテ」で
さらに体調不良が悪化する傾向があるそうですよ。

では秋バテの予防と対策
4つのポイントをご紹介します。

1.軽い運動をする!

軽い運動をすると脳内で体を活性化させる
「セロトニン」という
ホルモンの分泌が盛んになるのだそうです。

その結果、自律神経が整うので
気圧の変化や寒暖の差にも強くなってくる。
ということだそうです。

目安としてはウォーキングやジョギングを
週に2〜3回で良いのだとか。

このくらいなら続けられそうですね!

2. ぬるめの湯船にゆっくり入る!

入浴は神経を休ませる作用があるそうです!

ここでポイントなのは「ぬるめのお湯」に浸かること。
熱いお湯は、交感神経を昂ぶらせてしまうので
神経が興奮してしまいます。

37〜39度の温度のお湯に15分程度浸かり
心身ともにリラックスしましょう。

3.急激な温度変化を防ぐ!

秋はとにかく温度差が激しいです。
朝と晩では10度以上の寒暖差になることも。

これで体調が悪くならない方がおかしいのかもしれません。苦笑
外出時には羽織るものを用意し持ち歩きましょう。

また腹巻などをカバンに入れておくのも
コンパクトなのでおすすめです。

4.良質な睡眠をとる!

睡眠はやっぱり重要です。

まずは決まった時間に寝て決まった時間に起きること。

そして、朝は日光を浴びて体内時計
生体リズムを整えることが大事です。

睡眠時間は成人では
6〜7時間くらいが良いと言われています。

8月も残すところ後2日

秋に向けての「からだづくり」やってみませんか?

叢の鈴虫に負けない涼しげな笑顔で

今日も1日顔晴ります!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
☆からだ回復センター 田川
☆代表 大久保 礼賢
☆〒822-1401
☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地
☆0947-32-2325
☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com
☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:43| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック