2017年02月08日

転ばぬ先の・・・!

おはようございます。

真っ白な雲が空一面を覆っている田川の朝です。

施術所の温度計は7.3℃湿度49%を示しています。

私の周りのSNSでは梅の開花を告げる記事がチラホラと出回っている様ですが

昨日気象庁は9日〜12日にかけて強い冬型の気圧配置になると発表した様です。

春はそこまでと思っていたのに冬に逆戻りですね!

こんな時に気を付けて頂きたい雪道での歩き方を

(転ばぬ先の杖では無く、転ばぬ先の知恵ですかねぇ?)

ゆきみち.JPG

雪道を転ばずに歩く3つのコツ

●小さな歩幅で、ゆっくりと歩く
大きな歩幅で歩こうとすると、足を高く上げる形になり、
重心の移動が大きくなって転倒する原因に。歩幅をできるだけ小さくし、
重心をゆらさずにそろそろと歩きましょう。

●足指のつけ根(つま先)あたりで着地する。
かかとに体重をかけると、後ろにひっくり返る形で転んでしまうことも。
なるべく足先に重心をかけながら、足全体で垂直に着地するといいでしょう。

●ひざから下を、地面に対して垂直にする。
とくにツルツルの路面を歩くときは、足の裏全体を垂直に下ろすようにすると
転びにくくなります。
地面から足を上げすぎず、わずかに浮かせる程度で地面を踏みながら進むのが◎。

靴は、ビジネス用の革靴やヒールのある靴は控えて、雪用ブーツを着用しましょう。
ブーツがない場合、靴底に貼るタイプの滑り止めゴムマットを装着する方法もあります。
また、無理な姿勢で転んでしまうと、頭をぶつけたり、手を骨折したりする恐れがあります。
いざ転びそうになったときは、無理にバランスを取ろうとせず、
両手をつくか、お尻で着地するように心がけてくださいね!

まとめ
雪道を歩くときは歩幅を小さくする
さらに、足先に重心をかけながら足裏を地面に垂直に着地させるようにする
帽子、手袋、ダウンジャケット等は、いざという時にカラダを守ってくれる
プロテクターにもなります。

何事にも準備が必要ですね!

寒い1日になりそうですが暖かい笑顔で

今日も一日顏晴ります!

肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!

・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
☆からだ回復センター 田川
☆代表 大久保 礼賢
☆〒822-1401
☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地
☆0947-32-2325
☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com
☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:49| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446776214

この記事へのトラックバック