2017年03月16日

春はまだ・・・!

おはようございます。

西の空に少し欠けた月が明るい光を射している田川の朝です。

施術所の温度計は8.6℃湿度46%を示しています。

久々に吐く息が白く見えています。

3月も半分を過ぎましたが暖かい春は何処へやら・・・

寒暖の差の激しい日々が続いてい体調がすぐれないと言われる方も

何となく多い様に感じられた昨日でした。

かんだん.JPG

寒暖差の激しい環境にいると、その気温差に対応しようとして、
私たちの身体は必要以上にエネルギーを消費してしまいます。

この“寒暖差疲労”が蓄積すると、“冷え”が深刻化します。

人間の身体は本来、寒い環境では熱をつくり、暑い環境では熱を逃がそうとします。

よって、気温差のある環境にいると、頻繁に熱をつくったり逃がしたりするため、
身体はより多くのエネルギーを必要とします。

エネルギーを過剰に消費してしまうことで“寒暖差疲労”に陥り、自律神経が乱れ、
自分が意識している以上に冷えの症状が急速に進行する危険性があります。

最近は空調が完備された環境が増え、寒暖差への耐性が弱い人が増えている傾向が見られます。
さらに、“寒暖差疲労”は冷えだけではなく、肩こり、めまい、顔のほてり、食欲不振など、
さまざまな不調を連鎖的に引き起こす可能性が高いので、対策をとることが重要です。

この時期の対策は衣類で体温調整を上手くやる事

ゆっくりとぬるめのお湯につかる事

そして軽い運動を行う事

この運動をやるときに「からだの歪み」に気を付けて下さいね!

自律神経の乱れ=からだの歪み とも言われています。

軽い運動で「真っ直ぐなれぇ〜」って思いながらやってみて下さい!

私をいつもの寒暖の差にも負けない笑顔で

今日も一日顔晴ります!


肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!

・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
☆からだ回復センター 田川
☆代表 大久保 礼賢
☆〒822-1401
☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地
☆0947-32-2325
☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com
☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:32| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448010056

この記事へのトラックバック