2017年04月27日

GW前に・・・!

おはようございます。

昨日の雨は上がり今朝は薄らと霧が掛かっている田川です。

施術所の温度計は15.8℃湿度55%を示しています。

後2日でゴールデンウィークに突入ですが

ゴールデンウィーク突入前に「五月病」対策を・・・という事で

さつき.JPG

五月病予防のためのゴールデンウィーク前対策

ゴールデンウィーク後の五月病を少しでも回避できるよう、前もって対策をしておくのも一つの方法です。

1.睡眠覚醒リズムを安定させ、セロトニン強化

「睡眠については、“時間”より”時間帯”を意識することが重要です。睡眠時間は6〜7時間を推奨しますが、就寝は23時前後までに。

夜更かしをせず、睡眠覚醒リズムが安定している人は、セロトニンが強いといわれています。神経伝達物質のセロトニンは、うつ病の治療にも関係しているほど、五月病のうつ症状には関わりが深いものです。先立って調整しておきましょう」

2.有酸素運動を週3回継続し、ストレス耐性を強化する

「適度なウォーキングなどの有酸素運動を、週3回ほど継続して行うことで、ストレス耐性の強い脳を作ることができます。無理のない範囲で定期的に行いましょう」

3.栄養バランスの取れた食事をする

「特に朝食は重要です。量は少なくてもいいので、何かしらの栄養補給をすること。しっかり脳を覚醒させ、一日のリズムを作りましょう。また、セロトニンを作るのに必要な栄養素であるトリプトファン、ビタミンB6、炭水化物をバランス良く摂るのもいいです。また、カルシウムを摂ることでイライラを落ち着かせる効果も期待できます」

トリプトファンの多いもの…肉、魚、大豆などのたんぱく質など
ビタミンB6の多いもの…青魚、鶏肉、バナナ、さつまいも、アボガドなど

4.休日はしっかり休む

「休日や早く帰宅した後などは、しっかり休むことも大切です。ゆっくりした自分だけの時間や空間を持ちましょう」

5.心の相談や話ができる人を2人以上持つ

「同性・同年代のメンタルフレンドがいることが、心の安心につながります。2人以上持っているといいでしょう」

4月に入って、すでに心身の不調を感じ始めている人は、ぜひ調整をしてみましょう。

朝は朝食をしっかり摂り、日中はウォーキングなどで体を動かし、夜はしっかり休む基本的なサイクルを身に付けておきたいですね。

ゴールデンウィーク中も、この生活リズムを崩さないようにすることがポイントだそうです。

皆さんももう一度生活習慣を見直してみては如何でしょうか?

今日は暖かくなるのかなぁ?

今日も笑顔で顏晴ります!

肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!

・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
☆からだ回復センター 田川
☆代表 大久保 礼賢
☆〒822-1401
☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地
☆0947-32-2325
☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com
☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:41| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック