2017年07月20日

夏バテ・・・!

おはようございます。

蝉の鳴声が賑やかな朝ですが雲がどんどん低くなってきています。

施術所の温度計は27.9℃湿度58%を示しています。

7月も後半に差し掛かりましたが「夏バテ」してませんか?

なつばて.JPG

夏バテの主な原因は以下の3つと言われています。
水分不足
自律神経の乱れ
胃腸の調子の低下
まず1の水分不足ですが、水分不足になる要因として、
単純に失った汗の量に対して摂取する水分量が足りて
いないことが挙げられます。

夏場は1日2ℓから3ℓの水分が必要と言われており、
1.5ℓのペットボトルでは約2本分の計算になります。

また、汗をかいたり何度もトイレに行くのが嫌だからと
飲み物を摂るのを控えると、結果的に水分不足を招き
夏バテの原因となってしまうのです。

暑いのに汗をかかないのは、水分が足りないため熱が
汗になって放出されないからです。

これによって体内は高温状態となってしまい、
体調不良となってしまうのです。

次に2の自律神経の乱れは、職場や家庭の環境が
大きく関わっています。

自律神経は体温調節を司っているので、気温の高い
場所へ行くと血管を拡張させて体温を逃す働きを行います。

しかし、エアコンが効いて涼しい室内と暑い室外を
往復しているうちに、自律神経が体温を下げる・上げる
スイッチの切り替えを一日に何度もする必要があり、
やがて負担が掛かってしまい乱れを生じさせてしまうのです。

そして3の胃腸の調子の低下は、人が大量に汗をかくと
水分と同時にミネラルも失われてしまいます。

ミネラルが不足すると胃酸の量も減ってしまい、
食べた物を上手く消化することができなくなってしまいます。

この状態で暑いからと冷たい物ばかりを飲むと、
胃腸の動きが鈍り、余計に胃腸に負担が掛かってしまうのです。

これらが夏バテになる主な原因と言われています。

さらに、これら1つの原因から他の2つも引き寄せてしまい、
負のスパイラルに陥って夏バテはどんどんと悪化して
しまうと考えられています。

これらの解消はいつも言っている

ゆっくり入浴

しっかり睡眠

正しい食事

を心がける様にしましょう!

暑さに負けない爽やかな笑顔で

今日も一日顔晴ります!

肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!

・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
☆からだ回復センター 田川
☆代表 大久保 礼賢
☆〒822-1401
☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地
☆0947-32-2325
☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com
☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:42| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック