2018年06月27日

蒸し暑い日・・・!

おはようございます。



蒸し暑いみたいですが外は南からの風が強く



流れの速い雲を見ていたら時間が経つのを忘れそうな田川です。



昨日から蒸し暑い状態が続いていますが



暑いとナゼ疲れるのか?



むし.JPG



からだが体温を下げようとしているから

からだが懸命になって体温を下げようとしているからです。

この余計な作業のせいで疲れてしまいます。

暑い日、体は体温を維持するためにいくつかの調整を行なっています。



例えば、血管を広げて皮膚表面まで血液が流れやすいようにする。

こうすることで血液の熱を逃がすことができるので、冷却が進みます。

暑くなると肌が赤みを帯びる人がいるのもこのためです。



また汗を流す。汗が蒸発することで皮膚は冷却されます。

しかしこれを行うために心拍数や新陳代謝率

(体が機能するうえで必要なカロリーの量)が上がります。

こうした結果、やがて疲れて眠くなってきます。



脱水状態に拍車がかかる

また多くの人は軽い脱水状態で生活しています。

暑い日に汗をかけば、脱水症状が悪化します。

その症状が疲労となって表れるのです。



日光による皮膚のダメージも脱水症状を悪化させます。

日光が皮膚に当たると色素沈着が変わったり、シワや火傷ができたりします。

そうした化学的な変化も疲労の原因であります。

からだがダメージを修復しようとするからです。



日焼けは体の体温調整機能を阻害する

日焼けは体の体温調整機能を阻害します。

皮膚の日焼けを修復しようと、からだの別の部分から体液が流用されてくるためです。

つまり発汗のための体液が減るということです。

また脱水症状も進むため、疲労が増します。



暑い日はどう過ごすべきか?水と塩分

暑くなるとお酒のような冷たい飲み物を飲みたくなるかもしれません。

だがアルコールには利尿作用があるので、かえって脱水症状が進んでしまいます。

脱水症状を抑えるために一番いいのは、水を飲んだうえで

ポテトチップスのような塩気のあるおやつを食べることです。



熱中症に気を付けよう

また汗がだらだら流れる、心拍数の上昇、ぼうっとする、

眠いといった熱性疲労を意識することです。

こうした症状が現れたら、涼しい場所に行って、水分を補給すると良いでしょう。

さらに深刻になると熱中症になります。

体の芯が40度を超えている状態です。

脳、心臓、腎臓、筋肉に悪影響が出るおそれがあるので、応急処置が必要になります。



熱中症の症状には、高体温、気分の悪さ、吐き気、頭痛、混乱のような行動の変化、

苛立ちといったものがあります。

また呂律が回らない、痙攣、昏睡といった症状もあります。

10時から2時までの特に暑い時間帯は、できるだけ日陰やエアコンの効いた部屋と

いった涼しい場所にいることをオススメします。

また水分補給を忘れないことです。



暑さに負けない涼しい笑顔で



今日も一日顔晴ります!



肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!


・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆からだ回復センター 田川

☆代表 大久保 礼賢

☆〒822-1401

☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地

☆0947-32-2325

☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com

☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:42| 福岡 ☀| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: