2018年09月10日

秋ナスは・・・!

おはようございます。



雲いっぱいの雨上がりの空で短パンTシャツでは



肌寒いくらいの今朝の田川です。



施術所の温度計は23.1℃湿度66%を示しています。



一雨ごとに秋を感じられるこの時期は



美味しい食べ物も沢山出てきますが



なす.JPG



秋は夏に続いてナスの美味しい季節です。



そして、秋ナスといえば多くの人が「秋ナスは嫁に食わすな」という

昔から伝えられてきた慣用句を思い出すのではないでしょうか。



この慣用句、実はその解釈にはいろんな説があるのです。



一般的によく使われている解釈は

「秋ナスはとても美味しいので嫁なんかに食べさせるのはもったいない」という

姑さんの意地悪な気持ちを表しているというもの。



また、ここでいう「よめ」は「夜目(よめ)」と書き、

ねずみのことを指しているという説もあります。

つまり、美味しい秋ナスをねずみに食べさせるのはもったいないという意味。



どちらも美味しいものを取られたくないというネガティブな気持ちの解釈ですね。



一方でポジティブな解釈には次のようなものがあります。

「夏野菜のナスには体を冷やす働きがあるので、

涼しくなってきた秋にナスを食べて出産を控えたお嫁さんの体が冷えすぎないように」

という、姑さんのお嫁さんを気遣う優しさからの言葉だというものです。



その他には「秋ナスは種が少ないので子供ができづらくなる」という解釈もあります。



この秋ナスにまつわる“嫁いびりの意地悪姑”と“嫁を気遣う優しい姑”、

どちらの説が正しいとも言えませんが、

まったく逆の意味になっていることが面白いですね。



いずれにせよ、秋のナスが美味しいことに変わりはありません。



また、鮮やかな紫色をした皮にはナスニンというアントシアン系の色素が含まれており、

目の疲労や視力の回復、活性酵素の働きを抑制してガン予防、

動脈効果や高血圧を予防するという効果があるといわれており、ぜひ食べたいところ。



皮を残していいレシピなら、剥かずにそのまま調理することがオススメです。



朝晩と日中の寒暖差に気を付けて



今日も笑顔で顏晴ります!



肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!


・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆からだ回復センター 田川

☆代表 大久保 礼賢

☆〒822-1401

☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地

☆0947-32-2325

☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com

☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:34| 福岡 ☁| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。