2018年09月13日

ゆっくり・・・!

おはようございます。

雨上がりの雲の低い朝を迎えている田川です。

施術所の温度計は23.9℃湿度68%を示しています。

ゆっくり.JPG

昨日何かのTVでストレスを感じると動きが早くなる・・・と言ってました。

ゆっくり動く事が自律神経のバランスを整えるのに大切だと・・・

なぜ「ゆっくり」を意識することが

自律神経のバランスにとって重要なことなのでしょうか。

それは、ずばり、さまざまな動作を「ゆっくり」行うようにすると、

「呼吸」が自然とゆっくり深いものに変わるからです。

自律神経のバランスを整える上では、「呼吸」というものが

きわめて重要なポイントとなってきます。

なぜなら、自律神経のバランスと呼吸はまさにダイレクトにつながっているからです。

浅く速い呼吸は、交感神経の働きを高めます。

すると、瞬間的なやる気やアグレッシブな気分は高まりますが、

それが長く続くと、血管が収縮し、血流が悪くなり、結果、

心も体もいいパフォーマンスができにくくなります。

逆に、ゆっくり深い呼吸は、副交感神経の働きを高めてくれます。

すると、それまで収縮していた血管がゆるみ、質のいい血液が、

体のすみずみまで流れるようになります。

さらに、心も体もいきいきとよみがえり、継続的に自分のパフォーマンスも

よくすることができます。

ですから、もしもストレスや加齢によって自律神経のバランスが乱れ、

それによって心身に不調が出てしまっているとするならば、何よりも、

「ゆっくり深い呼吸」が欠かせないということなのです。

人間は、せかせかと動いている最中は、呼吸が浅くても意外と平気です。

ところが、ゆっくり動き始めた瞬間に、何もやることがなくなるからか、

自然とゆっくりと深い呼吸をし始めるのです。

つまり、

1)さまざまな動作を「ゆっくり」行う
2)「自然と」呼吸がゆっくり深くなる
3)副交感神経の働きが高まり、自律神経のバランスが整う
4)血流がよくなり、体のすみずみにまで質のいい血液が流れる
5)健康になる

時々意識してゆっくり動いてみては如何でしょうか?


ゆっくりの行動とゆっくりの笑顔で

今日も一日顔晴ります!


肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!


・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆からだ回復センター 田川

☆代表 大久保 礼賢

☆〒822-1401

☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地

☆0947-32-2325

☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com

☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:37| 福岡 ☁| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。