2018年10月19日

首を・・・!

おはようございます。

明け方からポツポツと屋根を叩く雨音がしていましたが

5時に近くなるにつれて激しくなって来たので「雨か」と

思いながら玄関を開けるとピタリとやんでいる変な天気の田川です。

施術所の温度計は17.5℃湿度56%を示しています。


くび.JPG


「季節の変わり目になるとなんだか調子が悪い……。」

それは気温や気圧などが日ごとに大きく変動するために、

疲れや身体のこり、だるさなどの不調が起こりやすくなっているからです。



また、朝晩の冷え込みや日々の気温差といった寒暖差も、身体にジワジワとダメージを与えます。

こうした「寒暖差疲労」にうまく対応するには、「首温活」がおすすめです。



寒暖差のせいで自律神経はヘトヘト…

暑さを感じると、身体は汗をかいたり、血管を拡張させたりして熱を逃がそうとします。

一方、寒さを感じたときは身体が熱をつくりだしたり、血管を収縮させたりして

体温を上げようとします。

このような体温調整の働きをしているのが「自律神経」です。



気温のアップダウンが激しいとき、自律神経は目まぐるしく変化する

状況に対応するため働き続けます。

その結果、エネルギーを使い果たし、機能が低下してしまうのです。



自律神経が疲れて働きが悪くなると、疲れ、だるさ、眠気、腰痛、冷えなど

さまざまな不調が起こりやすくなります。

また、寒いときには首をすくめたり、肩に力が入ったりするため、

首や肩がカチコチにこってしまうこともあります。



首温活で寒暖差疲労対策を

寒暖差疲労対策のポイントは、常に身体を温かい状態に保ち、寒さを感じにくくすること。

身体が感じる温度が安定していれば、体温調整のためのエネルギーを使わずにすむため、

自律神経の機能が低下しにくくなります。



自律神経の機能を高めるためにおすすめの方法が、首を温める首温活です。

それには大きく2つの理由があります。

1つめの理由は、首には太い血管が通っているから。

首を温めると、血管内の血液に温度が伝わります。

温まった血液が全身に送られることで、内臓や手足の先までぽかぽかになるのです。



2つめの理由は、首には温度にも反応するセンサーがあるから。

首を温めることで副交感神経が優位になるため、身体がリラックスして血流がよくなり、

身体が温まりやすくなります。



おすすめの首温活は、次の3つです。



●温熱シートや蒸しタオル

肌に直接貼れるタイプの温熱シートや、電子レンジで温めた蒸しタオルで

首の後ろ側を温めます。(先日書いたあずき袋がおススメ)

蒸気の熱は身体により深く、広く伝わるため、全身がさらに効率よく温まります。



●ストールやネックウォーマー
首を温められるグッズをもち歩き、こまめに体温調整を。

暑いときは外してOKですが、「寒いな」と感じる前から温めておくことが、

寒暖差を感じにくくするためのポイントです。



●水素風呂入浴
38〜40度のお湯に水素を発生させて、首までつかりましょう。

10分ほどで全身の血行がよくなり、疲れや冷えの解消にも効果的です。



首温活からだもココロもそして笑顔も温めて



今日も一日顔晴ります!

肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!


・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆からだ回復センター 田川

☆代表 大久保 礼賢

☆〒822-1401

☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地

☆0947-32-2325

☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com

☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/

☆水素風呂は>>http://system.litaheart.com/v15022

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:53| 福岡 ☁| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。