2018年10月24日

秋の腰痛・・・!

おはようございます。

辺り一面霧で街燈の光がボンヤリと浮かんでいる

少し暖かい今朝の田川です。

施術所の温度計は18.2℃湿度59%を示しています。

季節の変わり目は体調不良など、様々なトラブルが起こりがちですが、

中でも腰痛がひどくなる!と悩む人も多いようです。



寒暖の差が激しかったりお天気が不安定になると、腰痛が悪化するばかりか、

ぎっくり腰になるケースも増えるとか!?



ようつう.JPG



季節の変わり目の腰痛対策



歩くことも腰痛解消に!

季節の変わり目に起こる気温の差、特に今の季節は夏の疲れが出てきて、

筋肉が正常に働きにくくなることが腰痛やぎっくり腰が起こる原因の一つと考えられます。



秋は夏の疲れを速やかに排出し、冬に備えて栄養を蓄えようとする時期です。

この大きな変化の時期を迎えるまでに過労を解消できずにいたり、

いつまでも冷たいものを摂り過ぎていると、

腰痛やぎっくり腰になりやすくなるので注意しましょう。



また、長時間同じ体勢で座ったままでいるのも、腰痛の原因となります。

立っているときよりも、座っているときのほうが腰にかかる負担が大きいのが理由です。

できれば、1時間に2〜3分でもデスクなどを離れて歩くことを心掛けるだけでも、

腰痛対策としてオススメです。



●温めて血行促進、疲労物質を排泄する
血行を促して乳酸などの疲労物質を排泄し、

筋肉をほぐしてあげると少し症状が緩和します。

*蒸しタオルをのせる、温シップを貼る、熱いシャワーをあてる、

湯船につかるなどして、血行不良を改善しましょう。



●体の末端を温める

手足を温めると末端に滞っていた血液がどんどん心臓にもどろうとし、

全身の血液循環がよくなります

*足浴や手浴をしたり、冷えないようにソックスを履くなどしましょう。



腰痛と骨盤の関係

腰痛を改善する骨盤ストレッチ

腰痛と骨盤の歪みは、密接に繋がって影響を与えあっているものです。

理由は、歪みが生じる事で腰痛を発症すると、さらに痛みをかばうために姿勢が悪くなり、

また歪む……という悪循環が生じるから!

骨盤は上半身と下半身を結ぶ重要な要、身体の中心部とも言える部分なので、

その骨盤が歪めば背骨も曲がり、 周囲の筋肉に負担がかかることで腰痛だけでなく

様々なトラブルを招く恐れがあります。



骨盤を矯正する事で骨盤や腰周りの筋肉への負担が軽減され、血行が良くなれば、

腰痛だけでなく肩こり緩和にも期待できます。



からだ回復センター田川では自宅で簡単にデキるストレッチを

教えてますのでお気軽にご相談下さい!



霧の朝は視界が悪いので交通事故に気を付けて



今日も笑顔で顏晴ります!



肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!


・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆からだ回復センター 田川

☆代表 大久保 礼賢

☆〒822-1401

☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地

☆0947-32-2325

☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com

☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/

☆水素風呂は>>http://system.litaheart.com/v15022

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:40| 福岡 ☀| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。