2018年11月06日

腸を温めて・・・!

おはようございます。

月の無い星ばかりの空に少し冷たい風が吹いている

朝を迎えている田川です。

施術所の温度計は13.5℃湿度51%を示しています。

寒くなってきてからだの調子が・・・・と言われる方が増えてます。

こうちゃ.JPG

腸の冷えに要注意!腸を温めて免疫力アップ!

腸を温めるためにはどういう食べ物を摂ったらいいのでしょうか。
毎日の食事に気を使うだけで腸は温まる!腸を温める食品とは・・・?

高たんぱく低カロリーの食品を積極的に摂取する
体を温めるにはたんぱく質が必要です。たんぱく質が不足すると体だけではなく、

体内の内側も冷やしてしまいます。

鶏のささみ、まぐろの赤身、豆腐こういった食品は高たんぱく低カロリーの代表的な食品なので

積極的に摂るようにしましょう。

土の中で育った野菜や冬が旬の野菜で冷えない体を作る
体を温めてくれる野菜といわれているものには、

ごぼう、人参といった土の中で育った野菜、ネギ、イモ類といった冬が旬の野菜があります。

こういった根菜類や冬が旬の野菜には血行を良くするビタミンEや血管の機能を

良くするビタミンCが含まれているため体を温めてくれる効果があります。

燃える成分のある調味料や薬味を上手に使って温める
調味料や薬味は料理にプラスするだけなのでどんな料理にも取り入れることができます。


レ モ ン:「クエン酸」は疲労回復だけではなく血液をサラサラにする効果があります。


にんにく:にんにくに含まれる「アリシン」が中性脂肪を減らし血液の循環を良くしてくれます。


生   姜:加熱すると出てくる「ショウガオール」という成分が体をポカポカと

       させてくれます。


唐 辛 子:唐辛子の成分である「カプサイシン」が代謝を高め体を温めてくれます。


パ セ リ:むくみを改善する「カリウム」が豊富に含まれていて体内の余分な水分を

       排出することで体を冷えない状態にしてくれます。


クレソン:クレソンに含まれる「ビタミンC」は体内の活性酸素を除去し血液を

      サラサラにしてくれます。


上記の調味料や薬味は料理にプラスしやすいので毎日の食事にプラスして

冷えない体づくりをしましょう。

フルーツも温めて食べれば腸も温まり腸内環境も改善
腸にいいと言われているフルーツにはバナナとリンゴがあります。

温めて食べるとさらに腸内環境を良くしてくれる効果があります。

バナナはレンジで30秒程温めるだけでもいいですがココナッツオイルで

ソテーするとさらに甘くデザート感覚になります。

リンゴはレンジで1分程度加熱すると柔らかくなりますが、

ソテーしてシナモンを使えばアップルパイのような味わいでおいしく食べることもできます。

温かい状態で取り入れることで、腸の中で活発に動いてくれるので

腸の温め&腸内環境改善の効果がさらにアップします。



冷えないカラダづくりをしっかりやって



暖かいからだと暖かい笑顔で



今日も一日顔晴ります!



肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!


・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆からだ回復センター 田川

☆代表 大久保 礼賢

☆〒822-1401

☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地

☆0947-32-2325

☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com

☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/

☆水素風呂は>>http://system.litaheart.com/v15022

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:42| 福岡 ☀| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。