2018年12月07日

風邪対策・・・!

おはようございます。

寒い朝になるのでは?と覚悟を決めて玄関のドアを出ましたが

意外と暖かい今朝の田川です。

施術所の温度計は13.9℃湿度61%を示しています。

異常に暖かかった日も昨日で終り

今日からは急激に寒くなる予報が出てます。

寒くなると風邪・・・・そんな時期だけに風邪対策を


かぜ.JPG

風邪を予防する7つのポイント

この冬風邪を引かないようにするために

大事なポイントを7つに分けてご紹介いたします。



1.十分に睡眠を取りましょう

睡眠不足からくる疲れやストレスは、風邪に対抗する免疫の働きを弱めます。
質の良い睡眠が取れる環境づくりを心がけましょう。



2.バランスの良い食事とビタミン補給を心がけましょう

栄養の偏りや食べ過ぎは体調を崩す元となります。

お酒の飲みすぎも同様です。

偏食や暴飲・暴食は日頃から控えるようにして、バランスの良い栄養摂取を心がけてください。

風邪の予防効果を高める栄養素 

ビタミンC

体の免疫システムに関係

ビタミンB1群

体のエネルギー産生に関係

ビタミンB2、B6

鼻やのどの粘膜を強化



3.適度な運動を日常に取り入れましょう

適度な運動は体調を整えます。軽めの運動を習慣づけましょう。



4.極端な厚着、薄着は避けましょう

厚着をする習慣は体温調節の能力を低下させ、寒さに対する抵抗力を弱めてしまいます。

なるべく薄着を心がけ、気温の変化に皮膚や粘膜が順応できるようにしましょう。

極端な薄着をするのではなく、温度差の大きい屋外と室内の気温に合わせて、

こまめに衣服の脱ぎ着をしましょう。



5.手洗い、うがいを習慣づけましょう

直接的・間接的に関わらず、風邪を引いている人の鼻水や唾液を介して体内に

ウイルスを取り込むことで感染します。

そのため、丁寧なうがいや石けんを使っての手洗いが効果的です。

手洗い・うがいを毎日の習慣とすることで、風邪を引くリスクが自然に低減します。



6.乾燥したところや人ごみは避けましょう

多くの人が集まる場所は、それだけでウイルスに感染しやすい環境であるといえます。

特に空気が乾燥していると、空気中に飛び散ったウイルスが長時間生きているため、

感染する確率もずっと高くなります。

※鼻や口を覆って接触を避けるという意味や、鼻の中の温度と湿度を保つという意味で、

マスクには感染を予防する一定の効果が期待できます。



7.タバコの吸い過ぎに気を付けましょう

タバコは血管を収縮させ血液の流れを悪くするだけでなく、

のどや肺に軽い炎症を引き起こし、ウイルスに対する抵抗力を弱めます。

喫煙者の方が風邪を引いてしまったときには、禁煙することが回復への近道になり得ます。



冷えないカラダは暖かい笑顔から



今日も笑顔で顏晴ります!



肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!


・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆からだ回復センター 田川

☆代表 大久保 礼賢

☆〒822-1401

☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地

☆0947-32-2325

☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com

☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/

☆水素風呂は>>http://system.litaheart.com/v15022

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:39| 福岡 ☁| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。