2019年01月15日

低体温だと・・・!

おはようございます。



シーンという音が聞こえてきそうな静かな朝を迎えている田川です。



施術所の温度計は6.9℃湿度55%を示しています。



最近来られる方の中にも体温の低い方が増えております。



たいおん.JPG



体温が低い状態が続くとどうなる?



◎病気のリスクが高くなる

体温が1度上がるごとに免疫力も13パーセント上がると言われていますが、

体温が下がることによってウィルスや細菌などに対する抵抗力が落ち、

この寒い季節には風邪やインフルエンザなどにも感染しやすくなります。

他にも癌になるリスクが高くなることも報告されています。



◎体に老廃物が溜まりやすくなる

代謝が落ちてしまうことで体に老廃物が溜まりやすくなります。

シミやシワなど肌を老化させたり、体のむくみ・たるみなどの原因にも繋がります。



他にも体の機能が下がってしまうため、疲れやすさやアレルギー症状が出やすくなるなど、

体に様々な不調をもたらす原因とも言われています。



体温を上げる食べ物

漢方には「陰陽論」という考えがあり、身体を温めるには陽性食品をとると良いとされています。
では、どのような食材が体を温めてくれるのでしょか。



◎固い食べ物

土の中で育つものは身体を温めるとされているので、根野菜などを積極的に摂取しましょう。



・漬物

・ごぼう

・かぶ



◎産地が寒い土地であるもの

身体を冷やすとされる果物の中でも、リンゴなど北方で採れる、

寒い時期が旬の果物は身体を温める効果が期待できます。



・りんご

・さくらんぼ

・ぶどう

・日本そば



◎黒っぽい食べ物

身体を冷やすとされる米などの白い食べ物に対して、黒ゴマ、黒豆など黒い食べ物は

身体を温める食べ物の代表とされます。



・黒砂糖

・紅茶

・ひじき

・しょう油など



◎暖色系の食べ物

火の温かさを連想させる赤、黄色、橙色などの暖色系の食べ物は身体を温めます。



・紅鮭

・海老

・赤身の肉

・卵

・チーズ

・明太子

・小豆



◎体を冷やす陰性食品

また、旬が夏で産地が南、色が寒色系(青、白、緑など)、

柔らかい食べ物は陰性食品とされ、体を冷やす効果があるので

体温が低い方は食べ過ぎなうように気を付けましょう。



・牛乳

・きゅうり

・パン

・パスタ

・バナナ

・砂糖

・うどん



さらに生野菜や清涼飲料水、添加物なども身体を冷やすとされています。

陰性食品は陽性食品と組み合わせて食べるなど、摂り方に工夫が必要です。



そして体温を上げる為に必要なものは暖かい笑顔ですね!



皆さんの体温を1度上げる為に



今日も笑顔で顏晴ります!



肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!


・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆からだ回復センター 田川

☆代表 大久保 礼賢

☆〒822-1401

☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地

☆0947-32-2325

☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com

☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/

☆水素風呂は>>http://system.litaheart.com/v15022

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:40| 福岡 ☁| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。