2019年02月05日

立春からの・・・!

おはようございます。

白い雲と星のコラボが綺麗な少し寒い朝を迎えている田川です。

施術所の温度計は7.1℃湿度51%を示しています。

昨日は「立春」でした。


たまご.JPG

立春の「立」という字は始まりを示します。



春は始まりの季節。

長い冬の間に蓄えてきたエネルギーを使って、前に向かって駆け出していくスタートです。

たとえ駆け出した時に違和感があったとしてもすぐに軌道修正をすれば問題ありません。

始まったばかりということは軌道修正がきくのです。



最近では「立春朝絞り」という立春の日に作った搾りたての日本酒が流行り出しているようです。

酒蔵がお近くにある方は縁起ものですので、買いに行ってみるのも良いかもしれません。



立春の時期は“肝”です。

春は冬の間に蓄積した肉・塩・油脂をデトックスする季節と言われています。

実際のところ春野菜にはデトックス効果が高い食材が多くあり、

体内毒素や不要物をデトックスできる身体の臓器は唯一「肝臓」だけです。



具体的に肝機能を高める食品で挙げるなら高たんぱくな食品がおすすめです。

植物性・動物性のたんぱく質をバランスよく摂取することで肝機能の回復を促してくれます。

例えば、牡蠣や魚介類に多く含まれるタウリンは、血液中のコレステロールを下げる、

肝臓内の中性脂肪を下げる、アルコールの分解を早めるなど、

肝臓にとても良い働きをしてくれます。

また、えごま、レンコン、アーモンド、枝豆、ハト麦などオメガ3(DHA・EPA)を含む

食材も効果的だそうです。

春の食材ならニラがオススメ。

肝機能の回復に加えて、肝臓の解毒作用が期待できます。

中国では春になると積極的に食べるそうですよ。



また、肝臓と目は深い繋がりがあります。

目の奥の痛みや凝り、痙攣は肝臓の不調からくると言われていますので、

気になる人は肝臓のケアを意識してみてください。

というのも、肝臓に過剰な栄養が溜まると、筋肉を動かして消費をしようと、

筋肉の痛みやこむら返りがおきます。

目を動かす筋肉も同様というわけです。



肝臓は食事と直結しています。身体の表面に不調が出やすいので、

不調を感じたら食生活から身体をケアしていきましょう。

さらに「肝」は「怒り」とも繋がっています。

イライラした感情は肝臓に悪影響を与えます。

リラックスして精神を落ち着かせることも大事な肝臓のケア。

舌の両脇に歯の痕がボコボコとついている場合は要注意。

内臓からのストレスサインですので、リラックス・リフレッシュを心掛けましょう。



新たなスタートとなる立春。身体の変化に注意して、自分を大事にしながら駆け出しましょう!



春に向けての新しい笑顔で



今日も一日顔晴ります!



肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!


・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆からだ回復センター 田川

☆代表 大久保 礼賢

☆〒822-1401

☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地

☆0947-32-2325

☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com

☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/

☆水素風呂は>>http://system.litaheart.com/v15022

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:31| 福岡 ☀| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。