2019年02月09日

体温調節・・・!

おはようございます。

頬に感じるか?感じないか?くらいの雨が落ち始めた田川の朝です。

施術所の温度計は8.2℃湿度47%を示しています。

「関東大雪の恐れ」・「北海道-30℃」等の記事が出てますが

我が町 田川は意外と暖かい週末を迎えています。

この後は急に寒くなったりするので気を付けて下さい!


たいおん.JPG


体温調整には血管が関係しています

私たちの体は体温を一定に保つために、暑いときは体の表面に近い細い血管を大きく広げて、

血液を多く流して熱を効率的に体の外へ逃がします。
逆に、寒いときにはこの血管を縮めて、血管内を流れる血液を減らすことにより、

できるだけ熱が体外へ逃げないようにします。


気温の変化に応じて体の表面に近い細い血管を広げたり縮めたりするこのような働きは、

自律神経によって自然に行われています。
自律神経のうち、交感神経が活発になると血管は縮み、

副交感神経が活発になると血管は広がります。


寒くなると高くなる血圧

血管が縮んで細くなると、その血管に血液を流そうとして、

心臓は大きな力で血液を送り出さなくてはなりません。
そこで血圧は必然的に上昇し、大きな力を必要とする心臓は負担が増えて、

不整脈や心筋梗塞などにつながりかねません。
逆に、血管が広がると心臓は小さな力で血液を送ればすむことになり、血圧は下がります。


今の寒い季節に暖かい室内から急に寒い外へ出たりした場合など、できるだけ熱が

体外へ逃げないようにするために血管が縮む結果、急激に血圧が上昇することがあります。
暖かいところにいるときは薄着で、そして、寒いところへ出るときは寒気が直接肌に

伝わりにくいような身支度を常に心がけ、心臓の負担を軽くしましょう。



3連休の方もいらっしゃると思いますが



体調管理には十分気を付けて



今日も笑顔で顏晴ります!



肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!


・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

☆からだ回復センター 田川

☆代表 大久保 礼賢

☆〒822-1401

☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地

☆0947-32-2325

☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com

☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/

☆水素風呂は>>http://system.litaheart.com/v15022

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
posted by hiro at 05:40| 福岡 ☁| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。