2020年08月05日

真夏日・・・!

おはようございます。

薄暗い中、カナカナゼミの鳴声と2羽の小鳥の声が

響き渡っている少し涼しい今朝の田川です。

施術所の温度計は28.2℃湿度60%を示しています。

35℃を越える日々が続いていますが「熱中症」対策は・・・


ねつ.JPG

人は、環境によって体温が変動するカエルや魚などの変温動物とは違って、

36 〜 37℃の狭い範囲に体の温度を調節している恒温動物です。

この体温が体内の代謝や酵素の働きが最適の活動条件なのです。

熱中症は、体に熱がたまって体温が上がると、

体内の代謝や酵素の働きのバランスが崩れて、以上が体に変調が起きて、

最悪の場合には死亡することもあります。

熱中症は、いずれもカラダに溜まる熱が原因で、

バランスが崩れてしまう症状に総称で、

熱失神(日射病)、熱けいれん、熱疲労、熱射病の4つに分類されます



■熱中症を起こす要因

●環境の要因

体温が上がってしまう場合を考えてみましょう。

●熱中症になる環境

人間のカラダは活動しているので、安静時でもおよそ80Wの

電球程度の発熱をしていますから、その熱を上手く逃がせないと、

どんどん熱がたまって、体温が上がってしまいます。

環境によって、熱が逃がせなくなる原因を考えてみましょう。

●気温

まず気温が高ければ、カラダの熱が逃げにくくなります。

●湿度

汗の水が蒸発するときに奪う熱のエネルギーはとても大きくて、

同じ量の水が100℃から 0℃に冷えるときに

吐き出される熱の量のおよそ5倍にもなります。

湿度がひくければ、どんどん汗が熱を奪って、

カラダが冷えるので、熱中症の危険が減ります。

湿度が高かければ、汗が蒸発しにくく、

カラダの熱が溜まって、熱中症の危険が増します。

●風の2つの効果

体温より低い温度の風がカラダにあたると、

風により空気がカラダに当たってどんどん熱を運び去るので、

カラダは冷やされます。扇風機が涼しいひとつの理由です。

でも気温37℃のときに扇風機の風に当ってもカラダは冷えます。

風がないと、カラダに接する空気がたまって、そこだけ湿度が高い状態になります。

風が吹くと、その湿った空気をどんどん吹き飛ばしてくれるので、

早く多くの水が蒸発することになります。

風が吹くと洗濯物がよく乾くのとおなじで、

よく乾くということはそれだけ多くの水が蒸発することですので、

カラダの表面の汗が蒸発熱を奪ってくれるわけです。

●日光や電球などの熱源

直射日光にあたらなくても太陽光からの見えない熱線

(ストーブなどでおなじみの赤外線)や電球の熱などの熱源で

カラダが外部から暖められる場合も体温があがる原因です。



このように熱中症になる原因は、気温と湿度と風、

そして日光などの熱エネルギー源の状態によるというわけです。

熱中症を示す指数(WBGT)をみると、

気温33度でも湿度が20%なら危険度は最低の注意レベル

気温が28℃でも湿度100%なら危険度は最高の危険レベル

ということになります。

●カラダの状態

同じ環境でも、カラダの状態によって、熱中症を起こすことがあります。

●高齢者、乳幼児、肥満は格別に注意する必要

高齢者は発汗機能が衰えていたり、

発汗する感度が落ちていたりして、汗で冷やせないことがあります。

乳幼児は代謝の発熱量がたいへんに多くて蓄熱してしいまう可能性があります。

肥満は、正常体重の人に比べ、体重に対する表面積が狭いため、

放熱しにくいことになります。

●持病 低栄養 体調不良 脱水状態など

そもそも、病気によりバランスが崩れているところですから、

さらにバランスを崩しやすくなります。

●行動の状態

激しい運動やなれない運動や作業など発熱が多い場合、

長時間の屋外作業でゆっくりでも蓄熱してしまう場合、

十分な水分補給できないために発汗が制限されてしまう場合、

いずれもカラダに熱を溜め込んでしまい、熱中症の危険が増します。

■熱中症の予防方法

涼しい服装

日陰を利用したり、日傘や帽子で日光を防ぐ

汗で出てしまう水分と塩分を補給する

急に熱くなるのは危険。(熱衝撃ということばがあるくらいです。)

徐々に熱さにカラダを慣らす。

体調の悪いときは危険。そもそもバランスが崩れているので、

カラダの調節が上手くできないので無理は禁物



暑さに負けないからだと涼しい笑顔で



今日も一日顔晴ります!



肩こり・腰痛が気になる方は

まずは、お気軽にご相談を!


・腰痛・腰痛椎間板ヘルニア・坐骨神経痛

・股関節痛・ぎっくり腰・首の痛み・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア・肩こり・四十肩・野球肩・野球肘

・五十肩・膝痛・しびれ・ギックリ腰・頭痛・ぜんそく

・背中の痛み・足の痺れ・手のシビレ・ストレートネック・スポーツ障害



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

☆からだ回復センター 田川

☆代表 大久保 礼賢

☆〒822-1401

☆福岡県田川郡香春町大字採銅所5437番地

☆0947-32-2325

☆HPはこちらから>>http://www.t-kaifuku.com

☆モバイル会員登録>>http://kaifukucenter-tagawa.com/

☆水素風呂は>>http://system.litaheart.com/v15022

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
posted by hiro at 05:35| 福岡 🌁| Comment(0) | 施術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。